for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スイスフラン上限設定は非常手段、水準設定にはリスク伴う=中銀

[ベルン 27日 ロイター] スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は27日、スイスフラン安が進行せずデフレリスクが強まる場合は追加措置を講じると発言、現在のスイスフランの上限を維持するため、無制限のユーロ買い介入を実施する用意があるとの認識を示した。

スイスフランの上限を現在の1ユーロ=1.20フランから一段とフラン安方向に設定するのではないかとの観測については、上限設定は非常手段であり、リスクなしに望ましい水準に設定できるわけではないとの認識を示した。

中銀年次総会の演説原稿で見解を示した。

総裁は「最低為替レートは非常手段であり、大幅に過大評価されている状態で、最悪の結果を回避する狙いでのみ導入される」と発言。「スイス経済が直面する問題をすべて解決できる万能薬ではなく、リスクなしに望ましい水準でたやすく実行できるわけではない」と述べた。

総裁は、現在の上限を防衛する決意もあらためて表明。「国際経済情勢が予想以上に悪化した場合や、スイスフラン安が予想通り進行しない場合は、物価安定の下振れリスクが再び浮上する恐れがある」と指摘。「経済見通しやデフレの脅威からみて必要となれば、いつでも追加措置を講じる用意がある」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up