for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハンガリーを格下げ、政府経済政策が成長損なう可能性=S&P

[ブダペスト 23日 ロイター] 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は23日、ハンガリーの長期債務格付けを「BB」に1段階引き下げた。同国政府の「非正統的」な政策により中期的な成長が損なわれる可能性があるためとした。

格付け見通しは安定的。

S&Pは声明で格下げについて「金融セクターに対する特殊な措置など政府の非正統的な政策が中期的な成長力を損なう可能性があるとの見方を反映している」とし、「持続可能な水準への政府債務削減の取り組みがいずれ妨げられる恐れがあると」説明した。

また、政府の財政目標は短期的には達成可能だが、経済成長の低迷が続けば財政赤字の抑制は次第に困難になると指摘した。

ハンガリー経済省は格下げについて、同国経済の現状を反映しておらず、信頼性がないと批判。財政赤字が対国内総生産(GDP)比3%を下回り、公的債務が縮小傾向にある上に、経常黒字を維持している国で、同様の区分に格付けされている国は他にないと強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up