for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボストンマラソンのゴール付近で爆発、少なくとも2人死亡

[ボストン 15日 ロイター] 15日に米マサチューセッツ州のボストンで開催されたボストンマラソンのゴール付近で2回の爆発が発生した。ボストン警察によると、この爆発で少なくとも2人が死亡、23人が負傷した。

4月15日、米マサチューセッツ州のボストンで開催されたボストンマラソンのゴール付近で2回の爆発が発生した。写真は現場を調べる警官ら(2013年 ロイター/Dominick Reuter)

マサチューセッツ・ジェネラル病院のスポークスマンによると、同病院では19人が手当を受けている。ただ怪我の程度については不明としている。

ボストン警察はまた、市内のジョン・F・ケネディ図書館でも爆発があったことを確認した。同図書館はマラソンのゴール地点から約3マイルほど離れたところにある。

図書館のスポークスマンによると、爆発により火事が発生したが負傷者は出ていない。

警察はマラソンのゴール付近での爆発と図書館での爆発が関連しているかは現時点では不明としている。

一連の爆発を受け、米連邦航空局(FAA)は現場上空の航空機の飛行を一時的に制限。ただボストンのローガン空港の民間機の発着は通常通り行われている。

また、政府は首都ワシントン近辺の警備を強化。ホワイトハウスの周りにはテープが張られ、立ち入り禁止となっている。

オバマ大統領はボストンのメニーノ市長に電話し、連邦政府として必要な支援を行う用意があることを伝えた。

爆発が起きたのは、マラソン開始から約5時間後。トップランナーはすでにゴールしていたが、まだコースを走っているランナーもいた。

マラソンに参加していたカナダのバンクーバー出身のマイク・ミッチェル氏は、ゴール付近を振り返ると爆発による煙が約15メートルの高さまで上がっていたのが見えたと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up