for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

情報BOX:スノーデン容疑者の亡命申請に対する各国の対応

[ロンドン 2日 ロイター] - 米諜報機関による情報収集を暴露し、米政府から訴追されたエドワード・スノーデン容疑者が20カ国以上に亡命申請を行っていることが明らかになった。

7月2日、米諜報機関による情報収集を暴露し、米政府から訴追されたエドワード・スノーデン容疑者が20カ国以上に亡命申請を行っていることが明らかに。写真はスノーデン容疑者が滞在しているとみられるシェレメチェボ空港。6月撮影(2013年 ロイター/Alexander Demianchuk)

容疑者を支援しているウィキリークスの発表に基づき、亡命申請を行った国々の対応をまとめた。

<即時却下>

ブラジル、フィンランド、ドイツ、インド、ポーランド

<亡命申請は領土内でのみ有効としている国々>

オーストリア、エクアドル、アイスランド、アイルランド、ノルウェー、スペイン、スイス

<原則として受け入れ>

ベネズエラ(政府の正式発表はないが、大統領が支援を表明)

<対応未定>

ボリビア、中国、キューバ、フランス、イタリア、オランダ、ニカラグア、ロシア*

*ロシア政府によると、容疑者は亡命申請を取り下げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up