for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シリアの化学兵器攻撃、軍が大統領の承認得ずに実行か=独紙

9月8日、独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークは、シリア首都ダマスカス近郊での化学兵器攻撃疑惑をめぐり、政府軍がアサド大統領の承認を得ずに化学兵器を使用した可能性があると伝えた。ザマルカ地区で8月撮影(2013年 ロイター/Bassam Khabieh)

[ベルリン 8日 ロイター] - 8日付の独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークは、シリアの首都ダマスカス近郊で1400人以上が死亡したとされる化学兵器攻撃疑惑をめぐり、ドイツ情報機関筋の話として、政府軍がアサド大統領の承認を得ずに化学兵器を使用した可能性があると伝えた。

それによると、ドイツの情報機関が傍受した通信記録から、シリア軍の部隊責任者らが過去4カ月半の間、大統領府に対し化学兵器の使用許可を求めていたが、大統領府側は認めなかったことが分かったという。

このことから、情報機関の関係者は、化学兵器による攻撃がアサド大統領の許可を受けないまま行われた可能性があると指摘している。

独連邦情報局(BND)からはコメントを得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up