for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シリア、化学兵器禁止条約へ加盟の意向=外相

9月10日、シリア政府は、化学兵器の引き渡しと化学兵器禁止条約加盟を求めるロシアの提案に従う意向を示した。写真はシリアのムアレム外相(左)とロシアのラブロフ外相。モスクワで9日撮影(2013年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[モスクワ 10日 ロイター] - シリア政府は10日、化学兵器の引き渡しと化学兵器禁止条約加盟を求めるロシアの提案に従う意向を示した。

ロシアの国営テレビによると、ムアレム外相は声明で「われわれは化学兵器禁止条約への加盟を希望する。化学兵器に関する全ての情報提供など条約が定めたあらゆる義務を順守する用意がある」と表明した。

「化学兵器の製造を中止し、保管場所を明らかにし、製造施設をロシアや他の国連加盟国の代表に公表する用意がある」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up