for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国連安保理、南スーダンのPKO要員倍増を承認

12月24日、国連安全保障理事会は、内戦に突入する恐れのある南スーダンで展開中の国連平和維持活動(PKO)に従事する要員をほぼ倍増することを承認した。首都ジュバで撮影(2013年 ロイター/James Akena)

[ジュバ/国連 24日 ロイター] - 国連安全保障理事会は24日、内戦に突入する恐れのある南スーダンで展開中の国連平和維持活動(PKO)に従事する要員をほぼ倍増することを承認した。

安保理は全会一致で、国連の潘基文(バン・キムン)事務総長の要請通り、PKOに従事する軍事要員を7000人から1万2500人に、警察要員を900人から1323人に増員することを承認した。

2011年に独立したばかりの南スーダンでは、今月15日に首都ジュバで武力衝突が発生。混乱は原油生産地帯などにも拡大し、現在約4万5000人の市民が国連関連施設での保護を求めている。

潘事務総長は安保理の承認後、「要員を増員しても、南スーダンのすべての国民を守ることはできない」とし、「独立から日が浅い同国が直面している暴力は何をもっても正当化することはできない」と述べた。

南スーダンでは、原油生産からの収入が歳入全体の98%を占める。南スーダンのディエウ石油・鉱物相は、北部ユニティ州にある油田での生産停止に伴い、生産量が日量4万5000バレル減少し、日量20万バレルになったことを明らかにした。

同相は、アッパーナイル州での生産は安全で、反政府勢力の手は及んでいないと述べた。アッパーナイル州では、南スーダン産原油の大半が採掘される。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up