January 9, 2019 / 2:01 AM / 7 days ago

世銀のキム総裁、退任後はプライベートエクイティのGIPに移籍

 1月9日、世界銀行総裁を2月1日付で退任するジム・ヨン・キム氏(写真)が、プライベートエクイティ(PE)投資会社のグローバル・インフラストラクチャー・パートナーズ(GIP)に移籍することが分かった。上海で昨年11月に撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[ワシントン 8日 ロイター] - 世界銀行総裁を2月1日付で退任するジム・ヨン・キム氏が、プライベートエクイティ(PE)投資会社のグローバル・インフラストラクチャー・パートナーズ(GIP)に移籍することが分かった。GIPが8日に発表した。

関係筋によると、キム総裁は2月1日付でGIPのパートナー兼副会長となる。1年間は世銀の民間融資部門や国際金融公社(IFC)などを含む世銀グループとのやり取りが禁止されるという。

また、移籍を巡るキム氏とGIPとの話し合いは約6週間前にアルゼンチンで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の際にまとまったという。

キム氏はこれまで、公的資金が限られる中で急務となっているインフラ整備を進めるためには民間資金の活用が重要だと強調してきた。

世銀は週内にキム氏の後任選びについて協議する見通しだ。

世銀総裁は伝統的に米国の候補が選ばれてきたが、2012年にはコロンビアやナイジェリアからキム氏の対立候補が擁立された経緯があり、伝統が覆される可能性もある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below