for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-今年の海外送金、ウクライナ侵攻で4.2%増に鈍化へ=世銀

世界銀行は、11日に発表した最新報告「移住と発展」で、公式に記録される中低所得国への海外送金伸び率が、今年はウクライナ侵攻により4.2%に鈍化するとの見通しを示した。写真は、世界銀行のロゴ。2018年10月12日にインドネシア・バリ島で撮影。(2022年 ロイター/Johannes P. Christo)

(見出しの脱字を補いました)

[ワシントン 11日 ロイター] - 世界銀行は、11日に発表した最新報告「移住と発展」で、公式に記録される中低所得国への海外送金伸び率が、今年はウクライナ侵攻により4.2%に鈍化するとの見通しを示した。昨年は8.6%にまで回復していた。

欧州と中欧最大の送金先であるウクライナへの送金は20%超増加するとみられるものの、多くの中央アジア諸国への送金は激減する公算が大きいという。

中央アジア向けでは最大の送金元であるロシアは、ウクライナ侵攻に伴う西側からの制裁で大打撃を受けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up