July 8, 2018 / 1:21 AM / 10 days ago

サッカー=プーチン大統領、ロシアチームは「誇り」

[モスクワ 7日 ロイター] - サッカーのロシア代表チームは7日、自国開催のワールドカップ(W杯)準々決勝でPK戦の末、クロアチアに敗退。しかしロシアのプーチン大統領は、チームを誇りに思っていると述べたという。インタファクス通信が報じた。

 7月7日、サッカーのロシア代表チームは、自国開催のW杯準々決勝でPK戦の末、クロアチアに敗退。しかしロシアのプーチン大統領(中央)は、チームを誇りに思っていると述べたという。モスクワで6日撮影(2018年 ロイター/Sputnik/Alexei Druzhinin/Kremlin via REUTERS)

ロシア政府のスポークスマンは「(プーチン大統領は)試合を観戦しながら、チームを応援していた。われわれはフェアで素晴らしい試合に敗れた。それでも選手たちはわれわれにとって英雄。彼らはピッチ上で死力を尽くしてくれた。彼らを誇りに思う」とコメントしたという。

クロアチアは11日、準決勝でイングランドと対戦する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below