April 24, 2018 / 5:40 AM / 5 months ago

ドイツのスーパーに「虫バーガー」、買い物客に好評

[アーヘン(ドイツ) 21日 ロイター] - ドイツ西部アーヘンのスーパーマーケットで、具材に幼虫を使用したバーガーが店頭に並び、買い物客の注目を集めている。

 4月21日、ドイツ西部アーヘンのスーパーマーケットで、具材に幼虫を使用したバーガーが店頭に並び、買い物客の注目を集めている。写真は20日、スーパーで撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)

使用されているのは「バッファローワーム」と呼ばれるもので、「バッファロービートル」という甲虫の幼虫。バッファローワームはタンパク質が豊富で栄養価が高く、オランダで育てられている。

スーパーマーケットではバーガーはレタス、タマネギ、トマトと一緒に提供され、試食した男性は食肉の代替品に適しているとコメント。「初めは不安だったが、食べてみたらとてもおいしかったのでお代わりした」と語った。

バーガーを製造する新興企業の共同創業者は、虫を食べることが珍しくない東南アジアを旅行した時に「虫バーガー」のアイデアを思い付いたとし、「虫が見えない、見た目の良いバーガーを作ることがポイントだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below