May 31, 2018 / 6:24 PM / 7 months ago

WRAPUP 2-米国、EU・加・メキシコに鉄鋼・アルミ関税適用 各国は対抗措置

(内容を追加しました)

* 適用は1日0400GMT(日本時間午後1時)

* カナダ、米からの輸入品128億米ドル相当に関税

* メキシコは「同様の」対抗措置

* EUはハーレーのバイクやバーボンへの関税を示唆

* 米国商工会議所会頭「200万人超の雇用喪失も」

[ワシントン/パリ 1日 ロイター] - 米政府は31日、カナダ、メキシコ、欧州連合(EU)に対し鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税を適用すると発表した。

適用は午前0時(6月1日0400GMT=日本時間同日午後1時)から。税率は鉄鋼が25%、アルミニウムが10%。米政府はカナダ、メキシコ、EUに対しては暫定的に2カ月間、適用除外としていた。

ロス商務長官は「解決が必要な他の案件もあるため、カナダとメキシコ、およびEUと引き続き協議したい」と述べた。

トランプ大統領は3月に鉄鋼とアルミニウムに対する関税措置を発表したが、一部の国・地域は適用を除外していた。

米国と北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を進めているカナダとメキシコはすぐさま反応した。

カナダのフリーランド外相は、対抗措置として米国からの輸入品166億カナダドル(128億米ドル)相当に関税をかけることを明らかにした。

メキシコは鉄鋼製品や農業生産品を含む幅広い品目に対し「同様の」対抗措置を講じる方針を表明。ビデガライ外相は、米国の関税措置は「不公正で一方的」としながらも、メキシコはNAFTA再交渉協議を継続するとの姿勢を示した。

メキシコ経済省によると、対象には鉄鋼や豚の脚、リンゴ、ブドウ、チーズなどが含まれるという。

S&P500の加工食品・食肉産業サブ指数は2%下落した。

メキシコペソは約1%安、カナダドルは約0.6%安。ペソは対ドルで一時、約15カ月ぶりの安値を付けた。

EUの執行機関である欧州委員会のユンケル委員長は「世界貿易に関連する一方的な措置の導入は容認できない」とし、対抗措置を導入すると表明。欧州委のマルムストローム委員(通商担当)は世界貿易機関(WTO)に不服を申し立てる方針を示した。

EUは米共和党議員の政治基盤を狙い、ハーレーダビッドソンのバイクやバーボンへの関税を示唆。米ハーレーダビッドソンの株価は2.17%安、バーボンメーカーの米ブラウンフォーマンが2.1%安。

EU加盟国は、米国が関税の適用除外措置を延長しないならば米国の輸出品28億ユーロ(34億ドル)相当に税をかけるとの欧州委の計画を総じて支持している。米国の関税の対象となる可能性があるEU輸出品は金額ベースで64億ユーロ(75億ドル)となっている。

一方、米国商工会議所のトム・ドナヒュー会頭は同会議所理事会に宛てた書簡で、現在の通商政策が「経済発展」を脅かし、200万人超の雇用が失われる恐れがあると警告した。ロイターが書簡を確認した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below