October 1, 2019 / 12:45 AM / 17 days ago

ラグビー=サモア監督、「日本戦で結果を出せば可能性はある」

 ラグビーのW杯日本大会、1次リーグA組のサモアはスコットランドに0─34で敗戦。準々決勝進出に向けて手痛い1敗を喫したが、スティーブ・ジャクソン監督(右)は勝ち抜けを諦めてはいない。熊谷で23日撮影(2019年 ロイター/Annegret Hilse)

[神戸 30日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会、1次リーグA組のサモアは30日、スコットランドに0─34で敗戦。準々決勝進出に向けて手痛い1敗を喫したが、スティーブ・ジャクソン監督は勝ち抜けを諦めてはいない。

ジャクソン監督は試合後、「片方のロッカールームでは喜びの歌が歌われているが、もう片方は悲しい雰囲気に包まれている」とコメント。「無得点で負けるのは誰だって好きではない」と話した。

さらに同監督は「われわれは2試合で1勝。スコットランドとアイルランドも同じ」と発言。「日本戦(10月5日)で結果を出せば、突破の可能性は十分ある」とし、「今回の結果で望みが絶たれたとはまったく思っていない」と強気の姿勢を示した。

サモアは2試合を終えて、スコットランドと同じ勝ち点5。日本が同9でトップ。アイルランドが同6の2位。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below