for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融株、さらに40%か50%下落する可能性=バロンズ

 [ニューヨーク 29日 ロイター] 30日付の米投資週刊紙バロンズは、米金融株がさらに40%か50%下落する可能性があると指摘した。テクニカルアナリストのルイーズ・ヤマダ氏の見通しとして伝えた。

 バロンズの報道によると、金融株は目先、過去最安値を付ける可能性がある。米シティグループC.Nは前週末に17.27ドルで引けているが、10ドルまで下落する可能性があるとしている。

 ヤマダ氏はバロンズに対し、金融セクターの時価総額がS&P500種.SPXに占める割合が現在の16%から、1980年代以来の水準である1けた台に低下する可能性が大きいとの見方を示した。

 同氏によると、フィフス・サード・バンコープFITB.Oは、今年すでに大幅に下落しているが、さらに50%下落する可能性がある。メリルリンチMER.Nは32.70ドルから44ドル、45ドルに一時的に上昇する可能性があるが、20ドルに下落するリスクもある。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nN29360839](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN29360839]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up