for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米地銀7行が破たん、年初来の米銀破たん件数は52行に

 [ワシントン 2日 ロイター] 米金融監督当局は2日、イリノイ州の銀行6行およびテキサス州の小規模銀行ミレニアム・ステート・バンク・オブ・テキサスを業務停止とした。

 年初来の米銀破たん件数はこれで52行となった。2008年の米銀破たん件数は25件、07年は3件だった。

 米連邦預金保険公社(FDIC)によると、破たんした7行の中でも最も大規模だったファウンダーズ・バンクの資産は9億6250万ドル、預金は8億4890万ドル。プライベート・バンコープPVTB.Oが受け皿銀となって、ファウンダーズの預金をすべて引き継ぐ見通し。

 FDICの預金保険基金が負担する金額は1億8850万ドルと見込まれている。

 FDICによると、イリノイ州の6行についてはすべて同じ一族が支配する銀行で、同じようなビジネスモデルで事業を展開していた。

 ファウンダーズ以外のイリノイ州の破たん銀5行およびミレニアム・ステートの詳細は以下の通り。

 ファースト・ナショナル・バンク・オブ・ダンビル 

 資産規模:1億6600万ドル 

 預金規模:約1億4700万ドル

 FDIC預金保険基金の負担規模:2400万ドル

 受け皿銀:ファースト・フィナンシャル・バンク

 エリザベス・ステート・バンク

 資産規模:5550万ドル 

 預金規模:約5040万ドル

 FDIC預金保険基金の負担規模:1120万ドル

 受け皿銀:ガリーナ・ステート・バンク、トラスト・オブ・イリノイ

 ロック・リバー・バンク

 資産規模:7700万ドル 

 預金規模:約7580万ドル

 FDIC預金保険基金の負担規模:2760万ドル

 受け皿銀:ハーバード・ステート・バンク

 ジョン・ウォーナー・バンク・オブ・クリントン

 資産規模:7000万ドル 

 預金規模:約6400万ドル

 FDIC預金保険基金の負担規模:1000万ドル

 受け皿銀:ステート・バンク・オブ・リンカーン

 ファースト・ステート・バンク・オブ・ウィンチェスター

 資産規模:3600万ドル 

 預金規模:約3400万ドル

 FDIC預金保険基金の負担規模:600万ドル

 受け皿銀:ファースト・ナショナル・バンク・オブ・ビアーズタウン

 ミレニアム・ステート・バンク・オブ・テキサス

 資産規模:1億1800万ドル 

 預金規模:1億1500万ドル

 FDIC預金保険基金の負担規模:4700万ドル

 受け皿銀:ステート・バンク・オブ・テキサス

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nN02109382](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN02109382]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up