for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=ドルと円が対ユーロで上昇、逃避買い

ドル/円   終値    97.16/21

       始値    96.29/34

   前営業日終値    97.64/69

ユーロ/ドル 終値   1.2593/99

       始値   1.2638/43

   前営業日終値   1.2782/86

--------------------------------------------------------------------------------

 [ニューヨーク 14日 ロイター] 14日のニューヨーク外国為替市場では、ドル

と円が対ユーロで上昇。世界の景気見通しが悪化し米株価が下落するなか、2通貨に逃避

買いが入った。

 アナリストによると、週末にワシントンで開催される20カ国・地域(G20)による

緊急首脳会合(金融サミット)の行方を注視するなか、レバレッジ解消とリスク回避志向

が投資家心理を引き続き支配する可能性が高いとの見方を示した。

 終盤にユーロ/ドルEUR=は0.8%安の1.2729ドルとなった。前日は2週間ぶ

り安値となる1.2387ドルをつけていた。

 ユーロ/円EURJPY=は0.7%安の123.96円。

 ドル/円JPY=は0.2%下落し、97.41円となった。

 10月の米小売売上高が過去最大の減少となり、11月のミシガン大消費者信頼感指数

が依然として低い水準にとどまるなか、ドルは依然として選好された。

 エバーバンク・ワールド・マーケッツのバイス・プレジデント、クリス・ガフニー氏は

ネガティブな内容の経済指標は、懸念を強める投資家が米短期債券買いに当てるドルを調

達するためドル買いに向かう環境を作り、この点でドルの支援材料になっているとの見方

を示した。

 第3・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)伸び率が2四半期連続のマイナスとなり

景気後退入りが示されたものの、ユーロは対ポンドで引き続き、前日つけた過去最高値に

迫る水準で推移した。投資家は、英景気後退はユーロ圏の景気後退よりも深刻になるとみ

ている。

 ユーロ/ポンドEURGBP=は85.54ペンスとなった。

 ポンド/ドルGBP=は小幅上昇し、0.2%高の1.4881ドルとなった。ポンドは

前日、対ドルで6年半ぶり安値となる1.4555ドルをつけていた。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nN14276994](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nN14276994]でご覧になれます。なお、契約の内容に

よっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up