for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: リーマン<LEH.N>破綻は邦銀にも影響、あおぞら銀<8304.T>4.63億ドル・みずほ<8411.T>3.82億ドルの債権保有

 [東京 15日 ロイター] 米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスLEH.Nの破たんは邦銀など国内金融機関にも影響を与えそうだ。リーマンが15日、裁判所に提出した大口債権者のリストには、日本の主要金融機関として、債権残高4億6300万ドル(約486億円)を保有するあおぞら銀行のほか、みずほコーポレート銀行、新生銀行などの名前が列挙されていた。ただ、担保などで保全されている可能性もあり、どの程度の損失になるのかは現時点では明らかになっていない。

 リーマンのリストによると、7月2日時点で債権を保有する日本の金融機関は全部で8機関で、債権総額は16億7000万ドル(1753億円)となった。最大のエクスポージャーとなったあおぞら銀行8304.Tは、銀行ローンとして4億6300万ドル保有していることが分かった。次がみずほコーポーレート銀行の3億8200万ドル(約400億円)。そのほか新生銀行8303.Tの2億3100万ドル(242億円)、旧UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)の1億8500万ドル(194億円)、三井住友銀行の1億7700万ドル(185億円)と続く。

 リストの中で最も債権残高が大きかったのは、米シティグループC.Nとバンク・オブ・ニューヨーク・メロンBK.Nで、両社合わせて1380億ドルとなった。5月31日時点のリーマンの資産総額は6390億ドル。これに対する負債総額は6130億ドルで、少なくとも表面上は資産超過になっている。

 日本の金融機関はそれぞれリーマンのエクスポージャーの精査に入っている。担保で保全されている部分もあると見られ、影響がどの程度に膨らむかは不透明だ。

 あおぞら銀のリチャード・レイトンCFOはロイターの取材に対して、リーマンへのネットのエクスポージャーについて、かなりの部分を担保やヘッジでカバーしていると説明。リーマンの文書に記された4億6300万ドルよりも大幅に少なくなるだろうと述べた。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 (ロイター・ニュース ネイサン・レイン記者 布施太郎記者)

 ※(taro.fuse@thomsonreuters.com; 03-6441-1820: ロイターメッセージング:taro.fuse.reuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up