July 24, 2020 / 7:04 PM / 16 days ago

エアバス、仏などへの融資返済額引き上げ 米欧の航空機紛争巡り

欧州航空機大手エアバスは24日、米欧の航空機補助金を巡る紛争解決に向け、フランスとスペインから借り入れた航空機「A350」の開発資金に対する支払金利の引き上げに合意したと発表した(2020年 ロイター/Stephane Mahe)

[パリ 24日 ロイター] - 欧州航空機大手エアバス(AIR.PA)は24日、米欧の航空機補助金を巡る紛争解決に向け、フランスとスペインから借り入れた航空機「A350」の開発資金に対する支払金利の引き上げに合意したと発表した。追加の返済額に関しては明らかになっていない。

欧州連合(EU)、フランス、スペインは、エアバスとの合意について、世界貿易機関(WTO)での紛争解決につながるとし、米国にEU製品への関税を撤廃するよう要請。欧州委員会のフィル・ホーガン委員(通商担当)は「解決しなければ、EUは独自の制裁を課す用意がある」と述べた。

航空機紛争の一環として、米国はフランスとスペインによるエアバスへの融資を非難。WTOは昨年、米国がワインやウイスキーなどのEU製品に最大75億ドルの関税を課すことを承認した。

一方、EU側は米国によるボーイング(BA.N)への補助金を非難しており、今秋には独自の関税賦課に関するWTOの承認が得られる見込み。承認が得られば紛争が激化すると懸念されている。

欧州の関係者はエアバスの発表により、紛争解決に向けた交渉の扉が開かれると述べた。

ボーイングや米通商代表部(USTR)からのコメントは現時点で得られていない。

米国の関係者は「興味深い展開だが、詳細が分からず、A380への違法な補助金の是正に関する言及はない」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below