June 14, 2018 / 6:01 AM / 2 months ago

日本、米鉄鋼輸入制限でWTOでの米欧協議に参加模索=関係筋

[東京 14日 ロイター] - 米国の鉄鋼・アルミニウム輸入制限を巡る欧州連合(EU)と米国の協議に日本政府も参加する意向であることが明らかになった。関係筋が明らかにした。安全保障を理由とした米国の関税発動措置は国際的な批判を招いており、日本は同盟国として理解できない、と反対の立場だ。

 6月14日、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入制限を巡る欧州連合(EU)と米国の協議に日本政府も参加する意向であることが明らかになった。写真はオンタリオ州ハミルトンの鉄鋼工場で3月撮影(2018年 ロイター/Mark Blinch)

日本は鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課す米輸入制限措置の対象国。関係筋によると、日本は世界貿易機関(WTO)に対して、EUがWTOに設置を求めている協議に参加の意向を示した。カナダとメキシコによる同様のWTOでの協議にも参加の意向を示した。

もっとも、米国側が協議に応じるかは不透明という。

米国の鉄鋼輸入制限措置は、中国で過剰生産された鉄鋼の米国流入を抑制するために発動されたとみられることが多い。しかし、日本が対象国に含まれるなど、各国との通商ディールのツールとしてトランプ米政権が利用を意図しているとの見方もある。

竹本能文、スタンレー・ホワイト

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below