August 22, 2018 / 11:08 AM / in 3 months

中国小米科技、第2四半期は68%増収 スマホがけん引

[22日 ロイター] - 中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)(1810.HK)が22日発表した第2・四半期決算は、売上高が68.3%急増した。スマホ販売の好調に加え、急成長しているインターネット接続機器事業が寄与した。

シャオミの低価格スマホは、価格に敏感なインドなどで人気を集めてきた。海外市場の売上高は、第2・四半期も前年同期比で倍以上に増加した。

同社は6月に香港市場に上場し、47億2000万米ドルを調達した。

決算発表は上場以来初めて。

第2・四半期の売上高は452億4000万元(65億8000万ドル)。前年同期は268億8000万元だった。

純利益は146億3000万元で、前年同期の119億7000万元の純損失から黒字転換した。

国際売上高は164億元で、売上高全体の36.3%を占めた。

スマートテレビを含むインターネット接続機器の売上高も急成長した。

シャオミの昨年の売上高は、70%がスマホの販売によるものだった。ただ、同社製スマホの利ざやは薄い。

スマホ部門の昨年の粗利益率は8.8%。

一方、アナリストによると、米アップル(AAPL.O)のiPhone(アイフォーン)Xやアイフォーン8の利益率は60%程度だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below