December 1, 2015 / 7:48 AM / 3 years ago

ヤフーが個人発ニュースを拡充、原稿料や取材費支払いも

 12月1日、ヤフーは、有識者や専門家が書き手(オーサー)となっている「Yahoo!ニュース個人」を拡充すると発表した。編集部がオーサーに記事を発注したり、金銭面の支払いを手厚くするなどして、オーサーの活動を支援する。写真は2009年8月撮影(2015年 ロイター)

[東京 1日 ロイター] - ヤフー(4689.T)は1日、有識者や専門家が書き手(オーサー)となっている「Yahoo!ニュース個人」を拡充すると発表した。編集部がオーサーに記事を発注したり、金銭面の支払いを手厚くするなどして、オーサーの活動を支援する。

編集部はこれまでも社会的注目度の高いテーマについては、オーサーに記事執筆を提案してきたが、今後はこの取り組みをさらに強化、記事を発注する仕組みを導入する。ヤフーはオーサーに対して広告収入の一部に加え、原稿料や編集部が認めた場合は必要経費も支払う。さらに記事の翻訳配信を開始するほか、インセンティブプログラムも強化する。

オーサーの活動支援では、オーサーの著書を簡単に購入できる仕組みを導入。オーサーの記事を出版社に紹介し、書籍化も後押しする。

会見した宮坂学社長は「優れたニュースサイトは内容が良くないといけない。ユーザーの知りたいものだけに応えていくと数字は上がるが、ニュースに携わる者として知るべきニュース、知ってほしいものをユーザーに届けていきたい。量から質への転換を体現していく」と語った。

Yahoo!ニュース個人は2012年9月に開始。現在のオーサーは約500人。

*写真を差し替えます。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below