April 21, 2016 / 2:38 AM / 3 years ago

熊本地震、自民・山本氏「20兆円規模対策を」 追加緩和も

 4月21日、自民党の山本幸三元経済産業副大臣は、議員連盟「アベノミクスを成功させる会」の会合を党本部で開き、熊本・大分で発生した地震を踏まえ、20兆円規模の対策が必要との認識を示した。写真は都内で昨年9月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 自民党の山本幸三元経済産業副大臣は21日、議員連盟「アベノミクスを成功させる会」の会合を党本部で開き、熊本・大分で発生した地震を踏まえ、20兆円規模の対策が必要との認識を示した。財源は日銀買い切りの国債発行で手当てするとし、追加緩和については「現実に震災のことを考えると、その必要性は高まっている」と指摘した。

同日の会合では富士通総研・主席研究員の柯隆氏が講師として招かれ、中国の政治や経済に関する意見交換を行った。

2017年4月の消費税率引き上げをめぐっては、一部の出席者から「再延期をすれば日本の国債に対する信用が損なわれかねない」と予定通りの実施を求める声も出た。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below