January 3, 2020 / 4:18 AM / 7 months ago

MLB=ワールドシリーズで完全試合のドン・ラーセン氏が死去

 MLBのワールドシリーズで唯一、完全試合を達成したことのあるヤンキース元投手のドン・ラーセン氏(写真)が1日に90歳で死去した。ニューヨークで2011年6月撮影(2020年 ロイター/Ray Stubblebine)

[2日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)のワールドシリーズ(WS)で唯一、完全試合を達成したことのあるヤンキース元投手のドン・ラーセン氏が1日に90歳で死去した。同氏の代理人が明かした。

ラーセン氏はメジャー14シーズンのキャリアの中で7球団でプレー。通算81勝91敗の成績で、レギュラーシーズンに1シーズン12勝以上を挙げたことはなかったが、ヤンキース時代の1956年WS第5戦ドジャーズ戦で完全試合という偉業を成し遂げた。

ヤンキースは声明で、「ドンの完全試合はわれわれの球団にとって決定的な瞬間だった」とし、完全試合達成後の歓喜のシーンを「ヤンキースで一生語り継がれるもの。野球における成功の頂点であり、野球場で起こり得る素晴らしい、忘れがたいものを思い出させる」と述べた。

ラーセン氏の代理人は1日夜にツイッターで、同氏は米アイダホ州ヘイデンで食道がんにより亡くなったと発表している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below