September 1, 2018 / 3:23 AM / 2 months ago

MLB=ヤンキースがマカチェン獲得、ジャイアンツから

 8月31日、MLBのヤンキースは、ジャイアンツとのトレードでアンドリュー・マカチェン外野手(写真)を獲得したと発表した。サンフランシスコで7月撮影(2018年 ロイター/Stan Szeto-USA TODAY Sports)

[31日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)のヤンキースは31日、ジャイアンツとのトレードでアンドリュー・マカチェン外野手(31)を獲得したと発表した。

マカチェンは今季からジャイアンツでプレーし、130試合で打率2割5分5厘、15本塁打、55打点の成績。そのうち128試合で右翼を守り、255回の守備機会でわずか2失策。

2009─17年はパイレーツでプレーし、2013年にはナ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた。昨オフにトレードでジャイアンツに移籍し、契約は今季いっぱいとなっていた。

ヤンキースは傘下マイナーのアビアタル・アベリノ内野手とフアン・デパウラ投手をジャイアンツに放出した。

MLB公式ウェブサイトは、パイレーツでマカチェンと共にプレーしたヤンキースのニール・ウォーカー内野手が「けさ本人と連絡を取ったら非常に興奮していた」とのコメントを掲載。ウォーカーはマカチェンを「基準を高いところに置き、常に信頼でき、大舞台で輝ける選手」だと評した。

また同ウェブサイトは、マカチェンの打順についてアーロン・ブーン監督が言及し、「日々の調子と対戦相手をみながら検討するが、間違いなく1番打者は選択肢のひとつ」とのコメントを報じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below