July 12, 2018 / 9:12 AM / 6 days ago

安川電機3─5月期、売上高・利益は過去最高 中国受注の伸び鈍化

[東京 12日 ロイター] - 安川電機(6506.T)が12日発表した2018年3─5月期の連結業績は、営業利益が前年同期比30.0%増の172億円だった。連結売上高は同19.3%増の1282億円。経常利益、純利益も含め第1・四半期としては過去最高となった。受注高は四半期ベースで過去最高となったが、中国向けの受注高の伸び率は鈍化。スマートフォン関連での受注が前年に大幅に増加した反動が響いた。

3─5月期の全体の受注高は前年同期比で10%増となった。対前年の伸び率は、1─3月期(決算期変更のため参考値)の16%と比べ鈍化した。地域別では、中国が前年同期比6%増(1─3月期は47%増)と大幅に鈍化した。

前年はスマートフォン関連で受注が大幅に増加したこともあり、足元の伸び率は「通常の水準に戻った」(広報)との見方を示している。欧州向けの受注高は16%増(同25%増)、アジアは2%減(同1%増)となった。

今四半期の業績は地域別では米州がわずかに減収となったが、国内、中国、欧州と中国を除くアジアで20%を超す増収となった。主力製品のモーション・コントロールとロボットが伸長し、全体の収益を押し上げた。モーション・コントロール事業は、生産設備の自動化など旺盛な設備投資需要を背景にACサーボが好調に推移。ロボット事業では、日本・欧州を中心に自動車関連向けが好調だったほか、中国を中心に一般産業分野が拡大した。

通期予想は据え置いた。19年2月期の連結営業利益は655億円(前年比14.7%増)を計画。第1・四半期時点の営業利益の進捗率は約26%となっている。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト22人による通期営業利益の予測平均値は674億円。

セグメント別の売上高と営業利益の通期計画は、スマートフォン関連での需要に一服感が出ていることから、モーションコントロールで下方修正。一方、自動化に向けた旺盛な設備投資需要を反映し、ロボットの売上高と営業利益計画は増額修正した。

6月以降の前提となる為替レートも1ドル105円、1ユーロ130円で据え置いた。

長田善行

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below