July 10, 2020 / 7:51 AM / a month ago

安川電機、3─5月期営業利益は21%減の62億円 4月予想上回る

[東京 10日 ロイター] - 安川電機(6506.T)が10日発表した2020年度第1四半期(3─5月)連結決算(IFRS基準)は営業利益が前年比21.6減の62億2700万円となった。ロボット事業を中心に売り上げが減少した影響が出たものの、4月に公表した予想の40億円は上回った。最終利益は同16.7%減の45億1900万円。

第1四半期の連結売上高は前年比15.5%減の908億0200万円となり、4月時点の予想925億円を下回った。大きく落ち込んだのはロボット部門で同25.2%減。世界的に自動車産業で設備投資が抑制された影響などが出た。営業利益も87.0%減と足を引っ張った。

モーションコントロール部門も売上高は前年比8.4%減と落ち込んだが、営業利益は5.4%増。中国で5G関連のACサーボの売り上げが増加したほか、経費抑制の効果などが出た。システムエンジニアリングも減収増益となった。

2020年中間決算(3─8月期)予想で、連結売上高は1808億0200万円、営業利益は107億2700万円、最終利益は80億1900万円とした。21年2月期通期予想は引き続き開示しなかった。

上期の想定為替レート(期中平均)は1ドル107.3円、1ユーロ117.9円。

*内容を追加しました。

伊賀大記

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below