Reuters logo
米FRB議長、緩和や銀行規制で共和議員から追及
2017年2月15日 / 20:02 / 9ヶ月後

米FRB議長、緩和や銀行規制で共和議員から追及

[ワシントン 15日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は15日、前日の上院に続き下院金融サービス委員会で証言し、金融緩和政策や銀行規制をめぐり、共和党議員らから厳しい追及を受けた。

2月15日、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は前日の上院に続き下院金融サービス委員会で証言し、金融緩和政策や銀行規制をめぐり、共和党議員らから厳しい追及を受けた。写真は同日、証言するイエレン議長(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

共和党議員はFRBに対し、大規模な債券保有を減らすことなどを促す方針を明らかにした。財務省債券などの保有が、資産バブルの可能性を高める恐れがあると指摘した。

ヘンサーリング委員長(共和党)は「ゼロ金利や、膨らんだFRBのバランスシートが、健全な経済につながると裏付ける材料はまったく存在しない」と述べた。

ヘンサーリング氏は、FRBが政策ルールを無視した場合に、議会が金利政策を監視するなどの規制改革を計画する。

イエレン氏は、中銀の独立性が脅かされると反対の立場を表明。「そうした方策は、景気悪化をもたらす」と発言した。

FRBの銀行規制について、ヘンサーリング氏ら共和党側は行き過ぎと批判した。

マクヘンリー議員(共和党)は、トランプ大統領がFRBの金融監督責任者を指名するまで、国際金融規制当局との協議に基づいて、新たなルールを策定しないよう求めた。

イエレン氏は、新たな規制が効力を持つまでに、大統領が指名する人物が見直すことができる公算が大きいとの認識を示した。

バランスシートの縮小時期は経済動向やどのようなリスクに直面しているかに左右されると指摘。縮小に着手する前に、金利が特定の水準に到達すべきということはないと述べた。

また、FRBは雇用目標の達成に極めて近いとしたほか、ムニューチン財務長官と強力な関係を構築することを望むと語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below