Reuters logo
ヒマラヤの雪男「イエティ」の標本、遺伝子分析でクマと判明
November 30, 2017 / 7:03 AM / 15 days ago

ヒマラヤの雪男「イエティ」の標本、遺伝子分析でクマと判明

[ワシントン 28日 ロイター] - 米科学者らの研究チームが、ヒマラヤに住む雪男との伝説のある「イエティ」から採取したとされる標本の遺伝子を調べたところ、クマや犬のものだったことが分かった。調査結果は、英学術専門誌「英国王立協会紀要」に掲載された。

 11月28日、米科学者らの研究チームが、ヒマラヤに住む雪男との伝説のある「イエティ」から採取したとされる標本の遺伝子を調べたところ、クマや犬のものだったことが分かった。写真は2016年10月にNYでのイエティ関連イベントで撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

調査では、博物館や個人収集家がイエティのものとして所有している骨や歯、皮膚、毛髪、糞便の標本9点の遺伝子を分析。8点については、ツキノワグマ、ヒマラヤヒグマ、またはウマグマのいずれかのものだったと判明した。1点は、犬のものだった。

米ニューヨーク州立大学バッファロー校とシンガポールの南洋理工大学の生物学者で、調査を率いたシャーロット・リンドクビスト氏は「この結果は、イエティ伝説の生物学的な根拠が、今日同地域に生息するクマと関連があることを強く示唆している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below