November 7, 2019 / 4:37 AM / in 10 days

ブログ:インスタ世代を魅了する旧ユーゴの名建築

[ベオグラード 30日 ロイター] - ベオグラード空港から市内中心部を眺めたとき、見逃しようがないのがハイウェイの上にそびえるジェネックス・タワーだ。

 クロアチアのペトロバ・ゴラにある反ファシズム蜂起の記念碑(写真)をはじめ、作品の多くは修復もされないままとなっている。2月26日撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

空中の回廊でつながれた高層の2棟で構成されたビルの最上部には、長いあいだ閉鎖されたままだが、宇宙カプセルを思わせる外観の回転レストランがある。このタワーは何年にもわたって放置されてきたが、その奇妙な外観ゆえに、いまや観光名所になってしまった。

空中の回廊でつながれた高層の2棟で構成されたジェネックス・タワーの最上部には、長いあいだ閉鎖されたままの、宇宙カプセルを思わせる外観の回転レストランがある。3月1日。セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

このタワーは「ブルータリズム」の最も重要な作品の1つである。ブルータリズムとは1950─1960年代に一世を風靡した建築様式で、打放しコンクリートによるブロック状の形状を基調としている。

クロアチアの首都ザグレブにある病院、クリニカル・ホスピタルドゥ・ブラバ。2月25日撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

ブルータリズムは東欧圏全域で人気を博したが、そこで独自の個性を発揮したのが旧ユーゴスラビアである。東側と西側の間に位置する自国のアイデンティティを、視覚面においてもアピールする手段として飛びついたのだ。

2018年にニューヨーク近代美術館(MoMA)で「コンクリート・ユートピア:ユーゴスラビアの建築1948~1980」と銘打った展覧会が開かれて以降、この様式に対する関心は急速に高まりつつある。

セルビアのベオグラードに立つ複合アパート、Eastern City Gate。7月30日撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

旅行代理店ユーゴツアーでマネジャーとして働くボジン・ムンチン氏は、「毎週数十人もの観光客が、1950年代から1980年代にかけて建設された市内の著名建造物を回るツアーへの参加に関心を示してくれる」と話す。ユーゴツアーでは、かつて旧ユーゴスラビアではどこでも見られた車「ユーゴ」に観光客を乗せ、セルビアの首都ベオグラードを案内している。

「最も興味深い名所がジェネックス・タワーだ。空港から来るときに目に入り、すぐに関心を惹く」。

政府機関が使用していた「セルビアの宮殿」内部。7月1日、ベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

今日、2棟のうち片方は使われておらず、もう片方は住居用として使われている。回転レストランが最後に営業したのは1990年代だ。

ベオグラード当局はこうした関心の高まりを活かそうと熱心であり、ユーゴスラビアにおけるブルータリズムのもう1つの名作を部分的に公開することを検討している。政府機関が使用していた「セルビアの宮殿」と命名されたビルで、現在は年に1回しか公開されていない。

展示会会場 Belgrade Fairのホール内。7月25日、セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

<夢を築く>

第2次世界大戦後、ヨシップ・ブロズ・チトーの指導の下で社会主義の道を歩んだユーゴスラビアは、戦争で荒廃した国土の復興に取りかかった。当初ソ連と同盟していたチトーだが、1948年にはソ連指導者のヨシフ・スターリンと決別している。

集合住宅、ホテル、官公庁、記念碑など、すべてコンクリート製の建造物が国内各地に姿を現していった。

旧ユーゴスラビア時代に使われていた旅客機と航空博物館。3月5日、セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

建築は、西の民主主義と東の共産主義という2つの世界の狭間に位置し、独自の道を歩んで社会主義のユートピアを生み出そうとする国家の力を示すものと想定されていた。

だが1980年にチトーが世を去り、経済危機が長期化すると、新たなエリート層は、建築も含めて社会主義体制と距離を置こうとした。1991年には相次ぐ内戦が始まり、ユーゴスラビア連邦の崩壊へと至った。

「(ユーゴスラビア分裂から)もう十分に長い時が過ぎ、ユーゴスラビア時代の建築の再評価が始まっている」と語るのは、ザグレブ大学建築学部のアラン・ブラウン講師。

Milan Gale Muskatirovic Sports Centre。トレッドミルなどジムの設備がある。7月22日、セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

ブラウン氏によれば、ユーゴスラビアの独特の立場を反映して、西側からの影響がはっきりと見られるという点に、当時の建築の独自性があるという。

住宅地域には、公園、映画館、水泳プール、さらには駐車場までもが十分に揃うように計画されていた。

「セルビアの宮殿」に敷かれたカーペット。7月1日、セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

「セルビアの宮殿」はかつて、米国大統領のリチャード・ニクソン、ジェラルド・フォード、ソ連指導者のニキータ・フルシチョフ、レオニド・ブレジネフなど世界の要人を迎えた施設だ。「ユーゴスラビアのホール」と呼ばれる中央の一室とともに、旧ユーゴスラビア連邦を構成する共和国が各々の応接室を構えていた。家具や敷物は特別あつらえで、絵画やモザイクの制作には非常に高名な芸術家が何人も参加した。

ビルの外装はコンクリートだが、内装は大理石である。最大の見ものは、直径19メートルの天蓋に吊られた重さ9トン以上ものクリスタル製のシャンデリアだ。

「これほどの作品を世の中の人々から隠しておくのは恥ずべきことだ」と語るのは、同ビルの学芸員を務めるサンドラ・ベシック・テスラ氏。

「セルビアの宮殿」はかつて世界の首脳を迎え入れた。最大の見物は9トン以上ものクリスタル製のシャンデリア。7月1日、セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

この他、ファシズムに対するチトー率いるパルチザン部隊の戦いを称える巨大な記念碑などにも、ユーゴスラビア時代のブルータリズムの例が見られる。多くは、農村地域に壮麗に飾られている。

クロアチアのペトロバ・ゴラにある反ファシズム蜂起の記念碑をはじめ、こうした作品の多くは修復もされないままとなっている。だが昨年、ナチによる7000人殺害を追悼するティエンティシュテの記念碑の修復が行われた。

ナチによる7000人殺害を追悼する記念碑は昨年修復が行われた。6月16日撮影、ボスニア・ヘルツェコビナのティエンティシュテで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

ティエンティシュテの高さ19メートルのコンクリート製記念碑を制作した91歳の彫刻家ミオドラグ・ジブコビッチ氏は、旧ユーゴスラビアで初めて素材としてコンクリートを使い始めた芸術家の1人だ。

ティエンティシュテの記念碑の作者、彫刻家ミオドラグ・ジブコビッチ氏。2月27日、ボスニアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

「安定した素材で、石に似ているが加工しやすい」と彼は言う。

「当時、あらゆるプロジェクトに関して全国的なコンテストがあり、国中の芸術家に参加するチャンスがあった。そうした競争によって作品の質が磨かれていった」。

洗濯物が干されたアパート。7月31日、セルビアのベオグラードで撮影(2019年 ロイター/Marko Djurica)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below