for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国で「犬肉祭り」準備佳境、愛護団体は1100万の反対署名で抗議

6月20日、中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、21日から始まる毎年恒例の「犬肉祭り」に向け、市内のレストランなどが準備に追われている。写真は祭りに反対する活動家。北京で10日撮影(2016年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[玉林市(中国) 20日 ロイター] - 中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、21日から始まる毎年恒例の「犬肉祭り」に向け、市内のレストランなどが準備に追われている。

「犬肉祭り」では、数千匹の犬が殺されるとみられており、動物愛護を訴える団体は廃止を強く求めている。動物愛護活動家は今月、「犬肉祭り」に抗議する1100万人の署名を集め、中国当局に提出した。

祭りは地元住民にとって「誇りの源」とされるが、愛護団体の抗議行動を受けて国内外で注目が高まっていることもあり、今年は有名な犬肉レストランやマーケット付近には警察官の姿が目立つという。一部のレストランの間では、看板から犬肉という文言を外す動きも出ている。

玉林市当局は「犬肉祭り」について、民間が行っているものであり政府は支援していないと強調、祭りから距離を置く姿勢を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up