May 1, 2019 / 1:48 PM / 3 months ago

ヤム・ブランズ、第1四半期既存店売上高は予想超え KFCが堅調

[1日 ロイター] - ファストフードチェーンを展開する米ヤム・ブランズの第1・四半期決算は、世界の既存店売上高が4%増となり、市場予想の2.66%増を上回った。

とりわけ、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の業績が堅調で、既存店売上高は5%増と、少なくとも過去3年で最も高い伸びを記録し、市場予想の2.74%増を上回った。

タコベルの既存店売上高も4%増。しかし、市場予想の4.47%増には届かなかった。

ヤムの特別項目を除く1株利益は0.82ドルで、予想の0.81ドルを上回った。

純利益は約40%減の2億6200万ドル。ネット注文・出前サービスのグラブハブへの出資が重しとなった。

総売上高は8.5%減の12億5000万ドルで予想と一致した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below