for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=ユベントス監督、選手との確執を否定

 サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスを率いるマウリツィオ・サリ監督(写真)は、同クラブのMFミラレム・ピアニッチとの確執を否定。また、シーズン再開以降、思うようなパフォーマンスを見せられていないクリスティアノ・ロナルドについてもすぐに復活すると自信を示した。トリノで16日撮影(2020年 ロイター/Massimo Pinca)

[ミラノ 21日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスを率いるマウリツィオ・サリ監督は、同クラブのMFミラレム・ピアニッチとの確執を否定。また、シーズン再開以降、思うようなパフォーマンスを見せられていないクリスティアノ・ロナルドについてもすぐに復活すると自信を示した。

ユベントスは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により約3カ月中断していたシーズン再開以降、成績が振るわない。イタリア杯準決勝第2戦ではロナルドがPKを失敗するなどし、ACミランとスコアレスドローに終わり、アウェーゴール差で勝ち上がった決勝ではPK戦の末にナポリに敗れて優勝を逃した。

そんななか、イタリア紙「ラ・スタンパ」は、22日のリーグ再開初戦でベンチスタートとなる見込みのピアニッチとサリ監督の間に緊迫した空気が漂っていると21日に報じた。

サリ監督はスカイスポーツ・イタリアに対し、「私とピアニッチの話は、今シーズン最大の作り話の一つだ。ミラレムとはたくさん話をするし、おそらく彼は、私と最も興味深く、有意義なディスカッションをする選手のひとり」とコメント。

またロナルドについては「また明日から以前のような素晴らしいロナルドが戻ってきてくれることを願う。今はただ、フィジカル面でベストの状態ではないだけだ」と話した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up