October 18, 2018 / 8:51 AM / a month ago

米金利の上昇、邦銀の経営にすぐに混乱与えず=藤原・全銀協会長

[東京 18日 ロイター] - 全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は18日の定例会見で、米国の長期金利上昇による邦銀への影響について、銀行経営にすぐに混乱を引き起こすことはないとの認識を示した。

藤原会長は、米国の長期金利上昇が、保有する米国債や社債の評価損益の悪化につながると指摘したが、一方で邦銀全体としては円債、外債の保有は減少傾向であり、「金利上昇の影響は銀行界として目線を高く持って認識しており、銀行経営に対してすぐに混乱を惹起(じゃっき)するとは思っていない」と述べた。

さらに「各行が有価証券のリスク特性を性格に把握し、経営体力を踏まえて適切な運用管理を行なうことが一段と必要だ」と語った。

布施太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below