Reuters logo
欧州株式市場=利食い売りで反落、企業業績やマクロ経済に焦点シフト
September 28, 2012 / 6:02 PM / in 5 years

欧州株式市場=利食い売りで反落、企業業績やマクロ経済に焦点シフト

 [ロンドン 28日 ロイター] 28日の欧州株式市場は反落。過去3カ月にわたり力強い上昇を見せたものの、この日はファンド筋を中心に利益確定の売りが出て、企業業績やマクロ経済をめぐる懸念に関心がシフトした。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は14.04ポイント(1.27%)安の1089.22。商いは薄かった。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは51.80ポイント(2.07%)安の2454.26。

  

 スタンダード・ライフ・インベストメンツのグローバル戦略部門責任者アンドリュー・ミリガン氏は過去3カ月の相場上昇について「中央銀行による刺激策が上昇をけん引してきた。今後も上昇するためには企業やマクロ経済面で一段と強いパフォーマンスが必要になる」と指摘した。

 

 スペインのIBEX指数.IBEXは1.7%安。DJユーロSTOXX欧州銀行株.SX7Pも1.7%下落した。

 

     中銀の措置にもかかわらず、実体経済は厳しい状況が続いている

     仏政府が28日発表した2013年予算案は、富裕層や大手企業向けの増税を柱とする財政赤字削減策を盛り込み、同国経済が圧迫を受ける可能性がある。 

     また、スペインが公表した銀行ストレステスト(健全性審査)の結果によると、国内銀はストレスシナリオの下で593億ユーロの追加資本が必要となる可能性がある。

     

     市場の警戒感を反映して貴金属関連株が買われ、ランドゴールド・リソーシズ(RRS.L)が1.9%、フレスニロ(FRES.L)が4.2%、それぞれ上昇した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below