for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

監視委、風説の流布で男性を強制調査 電子掲示板の虚偽書き込みで株価が変動

 [東京 2日 ロイター] 証券取引等監視委員会は2日、神戸市在住の無職男性(40)が、保有する銘柄の株価を釣り上げようと電子掲示板に虚偽情報を流すなど金融商品取引法違反(風説の流布、偽計)をしたとして、兵庫県警本部と合同で強制調査・捜査を実施したと発表した。男性が得た利益は5万円弱とみられる。

 監視委によれば、男性が虚偽情報を流すなどした銘柄は、エスプール2471.OSとロングライフホールディング4355.OS、日本マニュファクチャリングサービス2162.OS、フルスピード2159.Tなど。このうち、例えばエスプール株式については今年8月、実際に存在しない業務提携交渉があるかに装ったり、同社の業績が大幅に拡大していたり割安銘柄だと指摘する記事が実際にはないのにあったかのように装い、ヤフー4689.T掲示板に書き込みをした。この結果、株価は1万6000円程度から1万7700円程度に上昇した。

 監視委は、男性が常習的に違反行為をしていたほか、実際に値段が動いたことなどから「悪質性は高い」と見ている。インターネットの掲示板やツイッターなど、個人が容易に書き込みのできる環境が広がっているが、監視委は「あらゆる情報源を監視している」と話している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up