Reuters logo
UPDATE1: 富士重<7270.T>、16年3月期の世界販売目標を85万台に下方修正 中計期間中の中国現地生産が困難に
2012年5月8日 / 05:40 / 6年前

UPDATE1: 富士重<7270.T>、16年3月期の世界販売目標を85万台に下方修正 中計期間中の中国現地生産が困難に

[東京 8日 ロイター] 富士重工業(7270.T)は8日、昨年7月に発表した中期経営計画を見直し、最終年度となる2016年3月期の世界販売台数目標を85万台(従来計画は90万台)に修正すると発表した。中計期間中の中国現地生産が困難になったため、中国での販売台数目標を10万台(同18万台)に引き下げた。一方、米国の生産能力を増強することで、北米の販売目標を41万台(同38万台)に上方修正した。

 同社の海外工場は米国のインディアナ工場のみ。生産能力増強と為替対応力向上のため、中国で現地企業と合弁工場を建設する計画をもつが、中国政府との交渉は難航している。一方、東日本大震災の影響を受けて在庫不足が続く中、11年(暦年)の米国販売台数は3年連続で過去最高を更新するなど好調を維持している。北米の需要の伸びに対応するため、米国工場の生産能力増強を優先させる。

 16年3月期の世界販売台数目標は下方修正したが、連結営業利益目標1200億円は変更しなかった。会見した吉永泰之社長は「中国での現地生産車は当初から収益に大きく寄与するとは見ていなかった」と説明。今後、利益率の高い車種の販売を増やすとともに、原価低減も進めて当初目標の利益を確保する考え。

 中国での現地生産について、中計期間中の開始は困難になったものの、吉永社長は「断念しない」と述べ、中国政府などに動きがありそうな時点で再び考えたいと語った。

 また、想定為替レートも1ドル=80円(同90円)、1ユーロ=105円(同120円)に修正した。

(ロイターニュース 杉山健太郎;編集 内田慎一)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below