Reuters logo
〔金利マーケットアイ〕国債先物は反発でスタート、質への逃避
2012年5月8日 / 22:24 / 6年後

〔金利マーケットアイ〕国債先物は反発でスタート、質への逃避

〔金利マーケットアイ〕

  <08:50> 国債先物は反発でスタート、質への逃避

 国債先物は反発でスタート。6月限の寄り付きは前営業日比11銭高の143円23銭。ギリシャの連立協議難航を受けた質への逃避で堅調に推移した前日の米債市場の流れを引き継いだ。海外市場のリスクオフの動きが続いており、「売り材料の乏しい中、再度上値を試す動きが予想される」(国内証券)との声が聞かれた。

 終盤の取引で米10年債利回りは1.844%と3カ月ぶり低水準近辺で推移した。

 10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp低下の0.860%での寄り。銀行勢の期初の積み増し需要で、「押し目買いがみられる」(別の国内証券)との観測がみられた。その後も買い進まれ、0.855%に低下している。

  <08:30> 翌日物0.075─0.08%付近で始まる、大手邦銀0.07%ビッド

 

 無担保コール翌日物は0.075─0.08%付近で取引が始まった。出合いは信託銀や地銀で0.075─0.08%付近、大手邦銀で0.07%ビッド。市場では「前営業日より若干強い印象はあるが、総じて横ばい圏でのスタート」(国内金融機関)との声が出ていた。

 日銀の発表によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は34兆6000億円程度、準備預金残高は26兆9000億円程度となる見込み。

  <07:14> 翌日物0.07─0.075%中心か、当預残34.6兆円の見込み

 

 無担保コール翌日物は0.07─0.075%を中心に取引される見通し。金融機関の資金需要が強い大型連休、7日の税揚げ日を通過したことで、再び資金余剰感が広がり始めた。準備預金の積みが順調に進んでおり、金融機関の調達意欲は限られそうだ。「0.07%台を中心に取引されるのではないか」(国内金融機関)という。8日の加重平均金利(速報ベース)は前日と同じ0.077%(速報)だった。

 日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は8日に比べて4000億円増の34兆6000億円程度になる見込み。残り所要積立額は7600億円。

 (東京 9日 ロイター)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below