Reuters logo
〔外為マーケットアイ〕豪ドルが1.05ドル回復、欧州株高で対ユーロでも上昇
2012年9月12日 / 00:51 / 5年後

〔外為マーケットアイ〕豪ドルが1.05ドル回復、欧州株高で対ユーロでも上昇

〔外為マーケットアイ〕

 

 <18:10> 豪ドルが1.05ドル回復、欧州株高で対ユーロでも上昇

 豪ドルが対米ドルAUD=D4で一段高。1.05ドルを回復した。8月23日以来。ドイツ憲法裁判所の決定を受けて欧州の主要株価指数が軒並み上昇するなか、株価敏感通貨として知られる豪ドルが上伸している。

 独憲法裁の決定が伝わるとユーロが多くの通貨に対して上昇したが、豪ドルEURAUD=に対しては弱含んでおり、豪ドル買いの強さが示唆される。

 <17:50> ユーロ/円が2カ月ぶり高値、独憲法裁の判断受けユーロ買い強まる

 ユーロ/円が100.46円まで上昇、7月4日以来の高値を付けた。ドイツ憲法裁判所が、一定の条件下での欧州安定メカニズム(ESM)と財政協定の批准を認めることを決定。発表当初は売買が交錯したが、次第にユーロ買いが優勢となった。ユーロは対ドルEUR=、対スイスフランEURCHF=、対スウェーデンクローナEURSEK=でいずれも上昇、対円でのユーロ高に波及した。

 <17:23> ユーロが乱高下、独憲法裁は一定条件下でのESM・財政協定の批准認める

 ユーロが乱高下。ドイツ憲法裁判所は、一定の条件下での欧州安定メカニズム(ESM)と財政協定の批准を認めた。発表が伝わるとユーロは上下に激しく振れたが、現在はやや上昇している。対ドルで1.2884ドル付近、対円では100.26円付近。

 <16:30> ユーロ弱含み、スペイン首相発言で今度は早期支援観測が後退

 ユーロが弱含み。対ドルで1.2864ドル付近、対円では100.13円付近。スペインのラホイ首相が欧州連合(EU)への支援要請に関する条件を依然検討していると発言したことを受け、ユーロ売りに転じている。

 これより先、日本時間午後には、ラホイ首相が欧州中央銀行(ECB)に対して債券買い入れを通じた支援の要請を検討していると報じられたばかりだったが、ラホイ首相のきょう「2回目」の発言でスペインの早期支援観測が後退する格好となった。

 <14:57> ユーロもみ合い、ドイツ憲法裁の判断控え様子見

 ユーロは対ドルで1.2867ドル付近、対円では100.23円付近。いずれももみ合っている。スペイン首相が欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れによる支援要請を検討と報じられ、いったんユーロ買いに振れたものの、ドイツ憲法裁判所による欧州安定メカニズム(ESM)の合憲性判断が示されるのを前に、様子見姿勢が再び強まっている。

 ユーロ/ドルについては、前日に200日移動平均線(12日=1.2832ドル)を上抜けたことで、「ここから上は目ぼしいレジスタンスはない」(大手信託銀行)という。ユーロ/円についても「ストップロスが控えているとは聞かない。ユーロクロスの中でも海外勢の注目度は低い」(同)という。ユーロ/円は午後、一時100.30円まで上昇。7日の高値100.43円を突破すれば7月4日以来の高値となる。

 <13:59> ドル77.85円付近、「当局者発言なくても常に介入警戒」との声

 ドルは77.85円付近。スペインのラホイ首相が欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れによる支援要請を検討と報じられ、ユーロ買いが強まったが、ドル/円は動意薄。「FOMC(米連邦公開市場委員会)待ちで積極的に動けない」(外資系銀行)状況が続いている。

 ドル/円は前日のロンドン時間から下落を開始したが、ここまで日本の当局者からは円高警戒発言は出ていない。ただ、この外資系銀行の関係者は「コメントの有無は関係ない。なくても『大丈夫』というメッセージではない。現水準は常に介入警戒ゾーンだとみている」と話した。

 <13:39> ユーロ急伸、スペインが支援要請検討との報道

 ユーロが急伸。対ドルでは1.2877ドル付近、対円では100.24円付近。スペインのラホイ首相が欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れによる支援要請を検討と報じられ、ユーロ買いが強まっている。

 <12:39> ドル77.87円付近、78円回復できず上値重さ意識

 ドルは77.87円付近。前日の海外時間にドル売り/円買いが進んだが、この日の東京時間には朝方からドルが買い戻された。ただ、足元では伸び悩んでいる。「78円にタッチしないことで、上値が重いと思っている市場参加者が多い」(邦銀)との声が出ている。ドル/円が午前に付けた高値は77.97円。

 <11:35> ドル77円後半で小反落、豪ドルはアジア株高好感し一段高

 ドルは77.88円付近。短期筋のポジション調整を主力に一時77.97円まで上昇したものの、78円を目前に切り返して小幅に反落した。

 豪ドルAUD=D4は朝方の安値1.0427米ドル付近から1.0474米ドルまで上昇した。豪ドル/円AUDJPY=も81円付近から81.54円付近まで上値を伸ばした。豪ドルはアジア市場の株価が全般に上昇していることを好感し、短期筋のストップを巻き込んで上昇にはずみがついたという。

 株高の影響でクロス円は全般に強含みで、ユーロ/円EURJPY=EBSは99.92円から一時100.20円まで上昇した。 

 

 <10:39> ドル78円手前まで上昇、ポジション調整の買戻し受け

 ドルは77.93円付近で一時77.97円まで上昇した。買いの主体は短期筋で、ポジション調整的な買い戻しが主流だという。仲値公示にかけては輸入企業によるドル買いも見られたが、現時点では実需筋は動意に乏しい。

 <09:47> 豪ドルがストップ巻き込み81.37円付近まで上昇

 

 豪ドル/円AUDJPY=はストップロス(損失確定の買い戻し)を巻き込んで81.15円から81.37円付近まで上昇した。

 ドル/円JPY=EBSでは輸入企業によるドル買い/円売りが見られたほか、海外投機筋による利食いの買い戻しが入っているとされ、朝方の安値77.74円から仲値公示に向けて77.88円付近まで強含んでいる。

 

 

 <08:30> ユーロ1.28ドル半ば、オランダの議会選に注目する声も

 ユーロは1.2850ドル付近で小動き。この日はオランダで議会選挙が予定されており、外為市場の関心が向けられている。「ユーロは目下1.30ドルを目指す相場つきになっているが、きょうのオランダ議会選やドイツの憲法裁判断の結果次第では、下値リスクもある」(外為アナリスト)

 ユーロ支持の主要政党が優位になるとみられているが、ルッテ首相率いる中道右派の自由民主党、中道左派の労働党の主要政党の支持率は拮抗している。

 11日の世論調査では、定数150に対し両党は議会でそれぞれ36議席獲得が予想されており、自由民主党がわずかだがトップとなっている。左派の社会党と極右の自由党は第3、第4党になる見込み。この結果、ルッテ首相が引き続き政権を担う可能性が高いが確定的ではない。

  自由民主党と労働党は、連立を組むことを否定しているが、政治的に分裂状態に陥っていることから、議席配分からみて両党連立の可能性は捨てきれない。 ただ世論調査では5人に1人が投票する政党を決めておらず、波乱が起きる可能性はある。

 

 <07:45> きょうの予想レンジはドル77.70─78.00円、東京時間は狭いレンジか

 ドル/円は77.77円付近、ユーロ/ドルは1.2850ドル付近、ユーロ/円は99.95円付近。

 きょうの予想レンジは、ドル/円が77.70―78.00円、ユーロ/ドルが1.2820―1.2900ドル、ユーロ/円が99.61―100.62円。

 

 11日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが全面安。米連邦準備理事会(FRB)が今週の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加緩和に踏み切るとの観測がドルを圧迫した。 また、米国格下げの可能性を指摘した格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスの声明を受け、ドル売りが加速した。 ムーディーズはこの日、米国の来年度の予算協議で、債務の対国内総生産(GDP)比率の低下トレンドが示されない場合、米国は最高位の「Aaa」格付けを失う可能性があるとの見解を示した。

 この日は欧州時間にドイツ憲法裁判所の判断やオランダ議会選を控え、狭いレンジでの動きとなりそうだ。

 「77円台では介入警戒感もあり、東京時間は下攻めしにくい」(外為アナリスト)という。この日のドルの上値については「78円前半で底堅かったので、きょうはその手前で足踏みしそうだ」(同)という。介入の可能性については、「半期末を控え輸出企業が売り遅れていることを考えれば、FOMC次第では、介入が実施される可能性がある」(同)との意見が出ている。

 

 (東京 12日 ロイター)

 

 全スポットレート(ロイターデータ)FX= 

 アジアスポットレート(同)AFX=

 欧州スポットレート(同)EFX=

 クロス円レート(同)JPYX=

 クロス円の時系列レート(同)JPNUJPNXJPOAJPOD

 通貨オプションFXVOL

 スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)D4FX=

 スポットレート(RTFX)FX=RTFX

 スポットレート(日銀公表)TKYFX

 

 為替関連ニュース [FRX]

 外為市場リポート[JPY/J]

 外為マーケットアイ[JPY/JU]

 焦点・アングル・特集 [FRX-FES]

 クロスマーケットアイ[.JPCM]

 

 主要国の経済指標発表予定と予想一覧<0#JECON>

 主要国の政策金利一覧・中銀ニュース[BOX-CEN]

 きょうの予定[MI/DIARY

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below