Reuters logo
UPDATE1: 鴻海<2317.TW>との協議、早期決着の意向に変わりない=シャープ<6753.T>幹部
September 28, 2012 / 11:47 AM / 5 years ago

UPDATE1: 鴻海<2317.TW>との協議、早期決着の意向に変わりない=シャープ<6753.T>幹部

 [大阪 28日 ロイター] シャープ(6753.T)の幹部は28日、大阪市内で記者団に対し、長期化している鴻海精密工業(2317.TW)との出資条件見直しの協議については、早期決着をめざす考えを改めて示した。

 鴻海との協議では、トップ級の会談はテレビ会議などで「週単位でやっている。実務部隊はもっと頻繁にやっている」と話した上で、「早くディールをクローズしたいということには変わりない」と語った。ただ、実際にトップが直接会って協議する時期については「今は互いに動かない方がいい」として明らかにしなかった。

 同幹部は、赤字の続く太陽電池事業について「欧米については市場が縮小している」とした上で「当然、われわれとしても、それなりの対応を打っていっている」と述べ、欧米での生産は縮小する方向にあるとした。国内においても生産は縮小傾向にあるとする一方で、「(国内の)販売は強化する」と述べた。

     関係者によると、シャープは銀行側に再建計画をすでに提出。海外工場の売却などを通じ、2013年度の総経費を11年度比で1000億円削減するほか、12年3月末から14年3月末の2年間で1万1000人規模の人員削減となどで、12年度下期の営業黒字と13年度通期の最終黒字を目指すことを盛り込んだ。

     同幹部は、再建計画をもとにした新たな中期ビジョンを策定する意向について問われたのに対し「できたら年内に出したい」と述べた。

     亀山第1工場における中小型液晶パネルの出荷については、現時点では問題なく十分な量となっていると述べた。同工場は、米アップル(AAPL.O)が21日に発売した「iPhone5」向けにパネルを供給しているとみられている。アップルは24日、アイフォーン5の販売台数が発売開始から3日で500万台を超え、製品の出荷の多くは10月以降になる見通しだと発表した。

     (ロイターニュース 長田善行;編集 宮崎亜巳)

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below