Reuters logo
英HSBC<HSBA.L>、第1四半期の基調利益は前年比+25% 予想上回る
2012年5月8日 / 10:20 / 6年前

英HSBC<HSBA.L>、第1四半期の基調利益は前年比+25% 予想上回る

 [ロンドン 8日 ロイター] 欧州最大手行の英HSBCホールディングス(HSBA.L)(0005.HK)が発表した第1・四半期決算は、基調利益が前年同期比25%増の68億ドルとなった。アナリストによる事前予想58億ドルを上回った。

 投資銀行部門における力強い利益の回復や米国における不良債権の減少が寄与した。

 

 HSBCは、コスト削減といった成長戦略の全分野にわたって順調な前進がみられたほか、利益向上計画の一環として、昨年以降1万4000人の人員削減を行ったと説明。スケールメリットが得られない分野からの撤退やアジア重視姿勢も功を奏した。

 第1・四半期の諸費用は104億ドルに増加。ただ、これは投資銀行部門におけるパフォーマンス向上に向けた関連費用の増加や、アジアなどの地域における賃金上昇が要因。

 収益に対するコストの割合(基幹事業ベース)は前年同期の58.7%から55.5%に改善した。

 ガリバー最高経営責任者(CEO)は、株主資本利益率(ROE)を2013年末までに12%超に引き上げるほか、収益に対するコストの割合も52%未満にすることを目標としている。ROEは年率で6.4%となった。

 投資銀行部門の利益は11%超増の58億ドルとなった。昨年第4・四半期から大幅に改善。債券、通貨、コモディティにおける収益が回復した。

 不良債権に関する損失は24億ドルで、前年同期比ほぼ横ばいだったが、特に米国における状況に改善がみられた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below