Reuters logo
タイ・ホットストック=反発、石油精製株が高い
2012年9月12日 / 06:27 / 5年後

タイ・ホットストック=反発、石油精製株が高い

 [12日 ロイター] 12日昼のバンコク株式市場の株価は、反発している。0453GMT(現地時間午前11時53分、日本時間午後1時53分)時点で、SET指数.SETIは前日終値比8.89ポイント(0.71%)高の1257.21。

 

 以下の銘柄が注目されている。

 

 ◎タイオイル(TOP.BK)が上昇。メイバンク・キムエン証券は石油精製業の収益が第3・四半期に改善すると予想。特にタイ石油会社(PTT)傘下の石油精製大手タイオイルを選好しており、第3・四半期の純損失は黒字転換を見込んでいる。第2・四半期は69億0300万バーツの赤字だった。

 同証券はリサーチ・ノートで、米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で追加金融緩和の実施を表明すれば、石油精製株が上昇するとの見方を示した。

 リサーチ・ノートは「世界経済の見通しが弱い内容となっているにもかかわらず、欧州中央銀行(ECB)やFRBの債務危機対応が原油価格の下落リスクを限定的なものとし、原油相場は横ばいを保っている」と指摘した。

 0353GMT時点で、タイオイル株は1.87%高の68バーツ。同業のエッソ(ESSO.BK)は2.86%高。

 石油化学大手のPTTグローバル・ケミカル(PTTGC.BK)は2.46%高、バンチャク石油(BCP.BK)は1.72%高、IRPC(IRPC.BK)はほぼ横ばい。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below