January 16, 2013 / 2:11 AM / 7 years ago

円安は産業によっては逆風、水準見極め重要─石破自民幹事長=経団連

 [東京 16日 ロイター] 自民党の石破茂幹事長は16日朝、都内ホテルで経団連の米倉弘昌会長(住友化学(4005.T)会長)や同幹部らと政経懇談会を開いた。経団連によると、石破幹事長は、昨年末に適度なドル円相場は85―90円くらいとの認識を示した主旨について、輸出産業は100円がいいというところもあるが、たとえば農業では燃料・肥料・餌代などが高騰するため産業によっては円安が好ましくないところもあるとし、どの辺りの水準がおさめどころかを考えなければならないという意味で発言したと説明した。

 石破幹事長はまた、環太平洋連携協定(TPP)について、経済界には交渉参加の賛成派が多い中、反対派とも接点を持って議論を深めてほしい、と要求した。交渉参加の表明時期などの具体的な話は出なかったという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below