Reuters logo
再送:スペイン失業率、第4四半期は26% 統計開始以降の最悪水準
2013年1月24日 / 09:57 / 5年後

再送:スペイン失業率、第4四半期は26% 統計開始以降の最悪水準

*デートラインを修正して再送します。

 

 [マドリード 24日 ロイター] スペイン国家統計局(NSI)が発表した第4・四半期の失業率は26%となり、1970年代の統計開始以降、最悪の水準となった。

 長引く景気後退と大幅な歳出削減により失業者数は597万人に達した。第3・四半期の失業率は25%だった。

 シティグループのストラテジスト、ホセ・ルイ・マルティネス氏は「底打ちしておらず第1・四半期も悪化し続けるだろう」と述べた。

 若年層の失業率が特に高く、第4・四半期は25歳以下の失業率が60%だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below