July 9, 2012 / 7:13 AM / 8 years ago

東京マーケット・サマリー・最終(9日)

 レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<外為市場>
        ドル/円JPY=     ユーロ/ドルEUR=   ユーロ/円EURJPY=
午後5時現在  79.67/69   1.2287/91   97.89/95
NY午後5時   79.62/70   1.2288/93   97.88/91

 午後5時のドル/円は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点とほぼ変わらずの79
円後半。午後は手掛かり材料に欠け、いずれの通貨ペアもこう着感が強まった。
 

 レポート全文: [JPY/J]
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    8896.88円(123.87円安)
         8892.17円─8954.44円
 東証出来高   12億8339万株
 東証売買代金  8049億円

 東京株式市場で日経平均は3日続落。終値で6月28日以来の9000円割れとなった。
前週末発表の6月米雇用統計が事前予想を下回ったことで米経済減速懸念が高まったほか、
為替市場でユーロ安が進み輸出株への売り圧力につながった。寄り前発表の5月機械受注
が事前予想を下回ったことも失望売りを誘った。取引時間中に発表された中国経済指標が
景気減速を確認する内容となり、日経平均は下げ幅を拡大。終盤に小口の先物売りが出て
きょうの安値圏で引けた。東証1部の売買代金は6営業日連続で1兆円を割り込み薄商い
が続いた。

 東証1部騰落数は、値上がり535銘柄に対し、値下がり1016銘柄、変わらずが
126銘柄だった。
  
 レポート全文: [.TJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時45分現在
 
 無担保コール翌日物金利(加重平均レート) 0.083%(速報)        
 3カ月物国庫短期証券流通利回り         ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(13年3月限)  99.735(+0.030)
              安値─高値   99.715─99.740

 無担保コール翌日物の加重平均レートは0.083%(速報ベース)となった。13
日の準備預金の積み最終日を控えて、地銀を中心に資金調達意欲がしっかりと示された。
10日スタートの翌日物も0.08%で調達意欲が示されていおり、当座預金残高が減少
傾向にある中、金利が下がりにくい地合いが継続するとの見方が出ている。
 ユーロ円3カ月金利先物市場は堅調。日銀が11─12日の金融政策決定会合で何らか
の追加緩和を打ち出すとの観測から短期筋や実需筋から買いが先行した。中心限月の
2013年3月限は一時前週末清算値比3.5ティック高の99.740と2011年3
月以来の高値を付けた。また、日銀が実施した6カ月物共通担保資金供給(資産買入等基
金)オペ(7月11日─2月1日)は応札額が1790億円と予定額の8000億円に届
かず札割れ。6カ月物の札割れは13回連続。「日銀の追加緩和観測が浮上していること
も応札需要を弱めた要因」(国内金融機関)との声があった。
 
 レポート全文: [JP/MJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場>
 
 10年国債先物中心限月・9月限(東証)    144.09(+0.14)
                安値─高値   143.97─144.10
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.790%(─0.010)
              安値─高値     0.800─0.790%

 国債先物中心限月9月限は前週末比14銭高の144円09銭と続伸して取引を終えた。
前週末に発表された6月米雇用統計が市場予想を下回ったことから世界景気先行きに対す
る不透明感が強まり、買いが先行した。あすの30年債入札を控え伸び悩む場面もあった
が、日銀が11─12日の金融政策決定会合で何らかの政策を打ち出すとの観測が浮上し
たことで、買い一巡後も高値圏で推移した。現物市場は堅調。超長期ゾーンには、30年
債入札が順調な結果になるとの思惑から、国内勢から先回りの買いが入った。中期ゾーン
は、最長3年に設定している国債買入年限の長期化観測などを背景に銀行勢から買いが
入った。5年利付国債利回り(長期金利)は一時同0.5bp低い0.190%と200
3年6月以来約9年1カ月ぶりの水準に低下。10年最長期国債利回り(長期金利)は一
時同1bp低い0.790%と2010年10月以来1年9カ月ぶりの水準に低下した。

 レポート全文: [JP/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 2.0─3.0bp 銀行債(みずほ)5年 19─20bp
地方債(都債) 10年 3.0─4.0bp 電力債(東電)10年 ─ ─ ─bp

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxxJap
anシリーズ17ITJJP5Y=GFのプレミアムは、177ベーシスポイント(bp)と、前
週末引け(175bp)と比べて2bpの上昇となった。6月の米雇用統計が事前の予想
を下回ったことで、米経済の失速懸念が高まり、リスク回避の勢いが増したという。内外
株安もワイド化の要因との見方が出ていた。

 レポート全文: [.JPCR]
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時45分現在の気配)
   2年物 0.35%─0.25%
   3年物  0.35%─0.25%
   4年物 0.37%─0.27%
   5年物  0.41%─0.31%
   7年物  0.54%─0.44%
  10年物  0.84%─0.74%

 [JPY/JTO]をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------
                           [東京 9日 ロイター]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below