March 8, 2013 / 6:17 AM / 6 years ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルが対円で4年半ぶり高値、債先は下落

 [ウェリントン/シドニー 8日 ロイター] 8日のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが、主要通貨に対して弱含んだ円に対して4年半ぶりの高値まで上伸した。ただ市場がこの日発表の米雇用統計が好調な内容になると予想していることから、豪ドルの対米ドル相場は小幅下落した。

 

 豪債券先物は、海外経済の楽観論に加え、オーストラリア国内の経済指標が堅調な内容となっていることで一段の利下げ観測が後退した影響で、週を通じて大幅下落。この日の取引では10年債は0.015ポイント安の96.475となった。また現物の10年債の利回りは11ベーシスポイント上昇し、3.565%と、2週間ぶりの高水準となった。

 

 豪ドルの対円相場AUDJPY=Rは、国債利回りの上昇も支援要因となり、1豪ドル=97円74銭と2008年8月以来、4年半ぶりの高値まで上昇した。週間ベースでは、2.4%高となった。

 日銀新総裁の就任後は積極的な金融緩和策が打ち出されるとの観測から、円は全般に下落した。

 

 2月の中国の輸出が前年同月比21.8%増と急増したことも、豪ドルの支援要因。中国はオーストラリアの最大の貿易相手国で、豪ドルは中国の経済指標に非常に敏感に反応する。

 豪ドルの対米ドル相場AUD=D4は、0.2%安の1豪ドル=1.0247米ドル。一時1.0276米ドルまで上昇する場面もあった。

 トレーダーらは、目先の焦点は米雇用統計で、市場予想を上回る内容なら米ドルを押し上げる要因になり得るとの見方を示している。

 

 ニュージーランド(NZ)ドルの対米ドル相場NZD=D4は1NZドル=0.8261米ドルと、序盤の0.8280米ドルから下落した。対円では1NZドル=78円70銭と2週間ぶりの高値を付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below