February 19, 2013 / 9:27 AM / 7 years ago

外債購入への発言控える、日銀法改正の議論は有意義=安倍首相

 [東京 19日 ロイター] 安倍晋三首相は19日午後の参議院予算委員会で、外債購入については発言を控えさせていただきたいと語った。

 日銀法改正については常に視野に入れているとし、日銀法を時代を経て適したものにするためにどうするかは、専門的な知見を持つ人が議論していくことが有意義だと思うとの考えを示した。

 

 安倍首相は変動相場制導入以降、金融政策は経済、財政運営の重要な政策手段だったが、日本は金融政策を手段として活用できなかったとの考えも示し、日銀は実体経済にしっかり責任を持ってもらう必要があると思うと述べた。

 

 日銀総裁人事について、参議院では野党の協力が必要となることについて首相は「策を弄するのではなく、誠意をもってお願いしたい。この総裁と2人の副総裁によってこそ、デフレから脱却できるということで各党各会派にお願いしたい」と述べた。

 

  片山虎之助委員(維新)、舛添要一委員(改革)の質問に答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below