March 22, 2013 / 12:11 AM / 7 years ago

〔外為マーケットアイ〕ユーロ122円前半、キプロスとロシアの協議は物別れに

〔外為マーケットアイ〕

 <16:30> ユーロ122円前半、キプロスとロシアの協議は物別れに

 ユーロは122.35円付近で安値から反発したものの、不安定な値動きになっている。

 午後2時過ぎに、キプロスのサリス財務相がロシア支援について「われわれは、期待した支援を受けられそうにない」と発言したことが報じられ、ユーロ/円は一時121.88円まで下押しした。

 

 協議内容を知る2人の関係筋によると、同財務相とロシアのシルアノフ財務相との協議では、ロシアによる既存の対キプロス融資25億ユーロ(32億ドル)の期限延長すら合意に至らず、協議は物別れに終わった。

 ドルは94.80円付近。ユーロ/円の下落につれ安となり一時94.54円まで下押ししたが、小幅に反発している。

 <14:40> ユーロ下落、キプロスがロシアに要請した金融支援得られずとの報道で

 ユーロは1.2890ドル、121.88円付近まで下落。キプロスのサリス財務相がキプロスが要請したロシアからの支援が得られなかったと発言したことがきっかけだという。「朝方も同趣旨の報道があったが、またむし返された格好で、リスクオフの円買いになっている」(FX会社)という。ドルは94.54円まで下落した。

 個人投資家は現時点でドル/円、ユーロ/円ともロングだという。

 

 

 <13:46> ユーロ1.29ドル前半、キプロス問題のこじれを懸念

 ユーロは1.2916ドル付近、ユーロ/円は122円半ば。市場ではキプロス問題のさらなるこじれを懸念する声が上がっている。

 欧州中央銀行(ECB)はキプロス向け緊急流動性支援(ELA)を25日まで維持するとの声明を発表したが、欧州連合(EU)などによる金融支援策の受け入れがなければ、流動性を断つ構えだ。

 一方、キプロスは、ロシアにキプロス向け支援融資延長のほか、銀行分野やエネルギー資源への投資を求めているが、「ロシアが関与して、話が一段とこじれる可能性がある」(証券会社)という。

 <12:51> ドル95円手前で足踏み、バークレイズは半年後からドル/円反落を予想

 ドルは94.95円付近で足踏み状態。ユーロ/円は122.63円付近。

 

 バークレイズは21日付の「Global Outlook」でドル/円の1カ月後予想を93円から103円に上方修正する一方で、半年後以降はドル/円の反落を予想し、1年後予想を100円から98円へと引き下げた。

 ドル/円相場の反落予想の背景は、103円(1カ月後予想値)がフェアバリューから25%の円安水準に相当し、円の過小評価幅が過去の極端な水準との比較においても5%程度上回ること。「これほどの円の過小評価は最終的に調整される」とした。

 また、ドル/円ロングに対する確信が弱まってきた背景として、1)日銀が通貨安のみで2%の物価安定目標を達成するには追加で20%の円安が必要となること、2)安倍首相が財界に賃上げを要請するなど、期待のチャンネルに働きかけようとする動きがみられ、政府がインフレ期待の押し上げに成功すれば、必要となる追加緩和の規模が縮小し、円安圧力も弱まるとみられること、を挙げている。

 

 <11:24> ドル94.93円付近、4月初めの日銀会合迫れば再上昇との声

 ドルは94.93円付近。この日はキプロス情勢への警戒感から動意に乏しくなっているが、日銀の緩和期待を背景にドル/円が再度上昇するとの見方が根強い。

 大手邦銀の関係者は、来週は年度末の週に当たるために実需のフローに左右されそうだが、新体制下で初の日銀金融政策決定会合となる4月3日からの日銀会合が近づくにつれて、ドル/円は再び上値を試す展開になるとみている。前日の黒田東彦日銀総裁の就任会見を受けて円買いが強まったものの、緩和期待そのものは続いているためだ。この関係者は、黒田総裁の会見について「うまいなと思った。マーケットの『空気』を感じ取り、言質を取られないようにしっかり受け答えをしていた」と評価している。

 <11:03> ドル94円後半で小動き、キプロス発の「週末リスク」を警戒

 ドルは94.92円付近で値動きが鈍っている。目立ったフローは見られず、ポジション調整主体の相場展開になっているという。市場参加者は「週末リスク」を警戒し、積極的に動けなくなっているとされる。

 今週は、週初18日の未明にドル/円が93.45円まで急落したが、急速な円高の発端は前週末16日に決定されたキプロス支援策。銀行預金への課税が求められ、マーケットではリスクオフモードが強まった。大手邦銀の関係者は、21日の海外市場での円買い戻しの背景として、週末にキプロス関連でサプライズとなるニュースが出て来週冒頭のマーケットが再び荒れることへの警戒感があり、ポジションの手じまいを急がせたとみている。

 欧州中央銀行(ECB)はキプロス向け緊急流動性支援(ELA)の現在の水準を25日まで維持するとの声明を発表した。欧州連合(EU)などによる金融支援策の受け入れがなければ、流動性供給を断つ構え。EU高官は、ユーロ圏が欧州経済に影響が波及しないようキプロスのユーロ離脱も視野に準備しているとも明らかにした。市場では「キプロス問題でポジティブサプライズが出れば、リスクオンが強まりそうだ」(国内金融機関)との声が出ているが、先回りしてユーロ買いを急ぐ向きは乏しい。

 <09:27> ドル/円もみあい、麻生財務相が再び物価目標達成の難しさ指摘

 ドル/円は94.95円付近、ユーロ/ドルは1.2904ドル付近、ユーロ/円は122.53円付近。いずれの通貨ペアも早朝からもみあいが続いている。きょうの東京株式市場では、日経平均.N225が3日ぶりに反落して取引を開始したが、円買いの動きは今のところ限定的となっている。

 麻生太郎財務相は22日、閣議後の会見で、日銀が掲げる2%の物価安定目標の達成には「かなりの時間が必要」との認識を示した。達成には、財政出動や成長戦略などすべてが動かなければ物価上昇につながらないとし、簡単にはいかない、と述べた。

 麻生財務相は21日午後の参議院財政金融委員会で2%の物価安定目標を2年で達成するのは簡単ではない、と指摘して円の買い戻しを誘発したが、きょうはドル/円が海外市場で調整したこともあり、目立った反応は見られていない。

 <08:59> ユーロ122.43円付近、弱い指標やキプロス懸念で前日は大幅安

 ユーロ/円は122.43円付近。前日の海外市場では、ユーロ売り材料が相次いで124円前半から122円ちょうど付近まで大きく下落した。ドイツ、フランス、ユーロ圏の3月の製造業PMIは軒並み市場予想を下回り、ユーロ売り圧力が掛かった。また、キプロスの金融セクターへの懸念から米国市場では株安/金利低下傾向となった。

 ユーロ圏高官は21日、キプロスは銀行預金課税で合意できなければ、大手行の清算が必要になり預金保険対象外の預金が失われる可能性があるほか、ユーロ圏離脱に追い込まれる可能性もあるとの見方を示した。欧州中央銀行(ECB)はこの日、キプロス向け緊急流動性支援(ELA)について、3月25日まで現在の水準を維持すると表明。期限までに欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)と支援で合意できなければ、少なくとも1行か2行の大手銀行の破たんがほぼ不可避な状況となった。

 加えて、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は21日、キプロスの長期外貨建て格付けを「CCCプラス」から「CCC」に引き下げた。同国の銀行セクター危機を格下げの理由としている。

 <08:32> ドル94円後半、日銀総裁会見「新味ないが緩和期待は持続」との声目立つ

 ドルは94.89円付近。前日の海外市場では一本調子で円が買い戻されたが、ドル/円は94.55円まで下落したところで反転して持ち直した。市場では、昨年11月以降のアベノミクス相場でドル/円が上昇を続ける間、20日移動平均線がサポートラインとして機能したことが注目されているが、前日の海外市場でも20日移動平均線(21日時点で94.42円)を割り込むことはなかった。

 前日の海外市場で進んだ円高の要因の1つには、日銀の黒田東彦総裁の就任会見で「目新しい内容はなかった」(国内金融機関)と受け止められたことが挙げられる。アナリストは、資産買い入れ基金の増額規模、購入資産の種類、購入対象国債の残存年限など、近い将来に打ち出される緩和策についてより踏み込んだ発言がなされるか注目していたが、こうした注目を満足させるような具体的な言及はなかった。

 もっとも、会見を終えて、市場関係者の多くは「日銀の緩和期待自体は4月の日銀会合まで持続する」と述べ、それがドル/円のサポート役になるとの見方を示している。

 <07:52> きょうの予想レンジはドル94.50―95.50円、日銀緩和期待で94円半ばが支持線に

 ドル/円は95.11円付近、ユーロ/ドルは1.2895ドル付近、ユーロ/円が122.64円付近。

 きょうの予想レンジは、ドル/円が94.50―95.50円、ユーロ/ドルが1.2850―1.2950ドル、ユーロ/円が121.80―123.30円。

 前日の海外市場では円が上昇した。ドル/円は94.55円まで下げたほか、ユーロ/円は122.04円まで下落した。日銀の黒田東彦総裁、岩田規久男副総裁、中曽宏副総裁が就任会見に臨んだが、「目新しい内容はなかった」(国内金融機関)と受け止められ

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below