February 20, 2013 / 11:43 AM / 7 years ago

東南アジア株式=総じて上昇、マニラとジャカルタが最高値更新

 [20日 ロイター] 東南アジア株式市場は、総じて上昇。マニラ市場とジャカルタ市場が最高値を更新し、バンコク市場も19年ぶりの高値で引けた。世界経済の見通しが改善し、リスク資産選好ムードとなった。

 マニラ市場の主要株価指数PSEi.PSIは0.42%高の6648.57で終了し、前日に付けた終値ベースの最高値を更新した。

 ジャカルタ市場の総合株価指数.JKSEは0.70%上昇し、過去最高値の4634.45で終了。不動産株が上げを主導した。

 バンコク市場のSET指数.SETIは0.95%高の1546.64と、終値としては19年ぶりの高値。タイ中央銀行は事前予想通り政策金利の据え置きを決定。2013年の同国経済成長が予想を上回る可能性があると述べた。

 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI).FTSTIは0.40%高、ホーチミン市場のVN指数.VNIは0.83%高。

 クアラルンプール市場は逆行安となり、総合株価指数(KLCI)は0.11%安で引けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below