April 18, 2012 / 6:27 AM / 7 years ago

UPDATE1: 三重野元日銀総裁が15日に心不全で死去、バブル後に金融引き締め

 [東京 18日 ロイター] 日銀は、三重野康元総裁が15日、心不全のため都内の病院で死去したと発表した。享年88歳。

 三重野元総裁は昭和22年に日銀に入行後、総務部長、営業局長、理事、副総裁を経て1989年12月に第26代総裁に就任。1994年12月に退任した。バブルがピークを迎えた時期に総裁となり、就任後に金融引き締めを相次いで行うなどバブル退治への取り組みから「平成の鬼平」とも呼ばれた。

 

 白川方明日銀総裁は「三重野元日銀総裁のご逝去の報に接し、まことに痛惜の念に堪えない」とする談話を発表。バブルがピークを迎え、崩壊に向かう期間に政策運営を行ったことに関して「先進国がその後相次いで直面することになる『物価の安定』と『金融システムの安定』という2つの使命の同時達成に先進国の中銀総裁として最初に直面し、これに真正面から取り組まれた」とコメントした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below