December 17, 2012 / 12:21 AM / in 7 years

自民圧勝こうみる:円安基調、年内にドル86円台まで上昇も=三井住友銀 山下氏

 <三井住友銀行 市場営業統括部 チーフ・エコノミスト 山下えつ子氏>

 

 衆院選の結果、自公で3分の2を超える議席を獲得したことで、基本的には円安基調になるとみている。選挙結果への最初の反応は、きょうのシドニー市場でドル/円が前週末終値から1円程度ギャップアップして始まったところでいったん終わった。あとは、東京時間に何か新たに政治サイドから発言があった場合や、ロンドン市場がオープンして欧米勢が入ってくると、あらためて円売りが始まるとみている。

 現状の円安は、今週の日銀金融政策決定会合で何か追加緩和が打ち出されるだろうという思惑よりも、来年やそれ以降、少し長い目で見たときに、政権交代でおそらく日銀がこれまで以上に緩和を進めることになるだろうという観測に根差している。年末にかけて、86円程度までドル高/円安が進む可能性があるとみている。

 もっとも、米国では「財政の崖」問題に関する協議が進展しておらず、ドル/円の上値を抑えている部分がある。日がたっても結論が出て来ないと不安視する向きが増え、結果的にドルが売られてドル/円の頭を抑えたり、上昇の勢いをそぐことになろう。

 (東京 17日 ロイター)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below